お仕事アイテム・ツール

【比較ポイント3つ】ネットショップはBASEとSTORESどっちがいい?

  • 誰かに頼まず自分でネットショップを作りたい
  • なるべく費用はかけたくない
  • 知識がなくても簡単に操作できるのが理想

そう考えてネットショップを探した時に、「BASE(ベース)」と「STORES(ストアーズ)」どちらを選べばいいかで悩む人が多いはず。

さかぽん
基本的には提供している機能もほぼいっしょなので、なかなか悩んで決められないですよね...

「BASE」と「STORES」どちらが売れるかというと、どちらで作ってもいっしょ。売れるか売れないかでイチバン重要なのは、商品力の問題だからです。

じゃあどこで選ぶのか、私が考える比較ポイントはこの3つです。

BASEとSTORES比較

  1. 独自ドメインが大切なら「BASE」
  2. 実績があるなど売上が予想できるなら「STORES」
  3. 無料ホームページと連携するなら「BASE」

時間をかけてネットショップを作るからには損をしたくない、そんな人に向けて選ぶポイントをご紹介します。

まずは2020年の最新事情を確認

検索して見つかる「BASEとSTORESの比較情報」では、古い情報もあります。確認しておくべきポイントは”STORESは2019年7月にプランが大幅に変わった”ということ。

大きく変わった点

  • 無料プラン1商品当たりの画像登録数が4枚から15枚へ
  • 無料プランでもGoogle Analyticsとの連携が可能
  • 有料プランの決済手数料5%が3.5%に大幅値下げ

その他にも無料プランの制限が少なくなり、結果として、STORESの無料プランと有料プランの違いがほぼなくなりました。

STORESの有料プランのみの機能・決済手段は以下です。

  • 独自ドメイン
  • アクセス解析
  • サービスロゴ非表示
  • 送り状CSV出力
  • 代引き支払い
  • Amazon Pay
  • 決済手段カスタマイズ

STORESの無料プランでは画像登録数の制限があったことから「無料ではじめるならBASE」と言われていていました。

けれど2020年現在は、STORESの無料プランもBASEと比較して十分な機能になっています。

独自ドメインが大切なら「BASE」

独自ドメインとは「hatarakurashi.com」のように、自分の好きな文字列で作ったURL(ホームページアドレス)のこと。

独自ドメインのいちばんの大きなメリットは、別のサイトに乗り換えても同じURLを使えること
さかぽん

ネットショップが成長してくると”今のシステムでは物足りない”ということも発生するかもしれません。

自分で取得した独自ドメインを設定できるシステムであれば、そのドメインを別のシステムでも使い続けることができます。

BASEは無料プランで独自ドメインの設定が可能ですが、STORESでは月額1,980円の有料プランでないと設定できません。

さかぽん
ここで注意しておきたいのが、STORESで設定する独自ドメインはSTORESでしか利用できないという点です

独自ドメインはSTORES内での新規取得に限り、一度取得された独自ドメインの変更や、移管手続き(外部からの移管、外部への移管)は行っておりません。
-独自ドメインについて教えてください| よくある質問|STORES

つまりは、STORESでは【自社取得の独自ドメイン】を使えず、STORESで取得した独自ドメインはSTORESが保有する形。退会する場合には手放さなければなりません。

もしサービスの利用を終了してしまう時がきたとしても、使っていた独自ドメインを使い続けたい、という人には「BASE」がおすすめです。

詳しくはこちら
独自ドメインのメリットは?取得をおすすめする理由!

続きを見る

\独自ドメインを引き継げる/

BASEで開設したい人はこちら

実績があるなど売上が予想できるなら「STORES」

BASEとSTORESの決済手段には以下の違いがあります。

  • 【BASE】かんたん決済=審査なしですぐに決済手段を導入できる
  • 【STORES】クレジットカード決済に審査が必要だけど決済手段が豊富

売上金額に応じてじわじわと影響力を増してくるのが、決済手数料です。

BASEとSTORES手数料比較

  • 【BASE】かんたん決済手数料3.6%+40円+サービス手数料3%
  • 【STORESフリープラン】決済手数料:5%
  • 【STORESスタンダードプラン】決済手数料:3.6%

BASEは1件ごとに6.6%+40円の手数料が必要となるので、STORESの方が決済手数料が安く設定されています。

さかぽん
BASEは1件あたり40円の手数料が必要となるので、同じ売上金額であっても、売上件数が多いほど手数料が増えていく仕組みです

BASE手数料の例

<売上4万円の場合の手数料例>

  • 送料込1,000円で40件(4万円):106円×40件=手数料4,240円
  • 送料込2,500円で16件(4万円):205円×16件=手数料3,280円

<売上5万円の場合の手数料例>

  • 送料込1,000円で50件(5万円):106円×50件=手数料5,300円
  • 送料込2,500円で20件(5万円):205円×20件=手数料4,100円

対してSTORESのスタンダードプラン決済手数料3.6%に月額1,980円を加えて、STORESの手数料をシュミレートしてみると…。

STORES手数料の例

  • 4万円の売上:決済手数料1,440円+月額1,980円=3,420円
  • 5万円の売上:決済手数料1,800円+月額1,980円=3,780円
  • 10万円の売上:決済手数料3,600円+月額1,980円=5,580円

月額費用が必要となるプランであっても月額4万円以上の売上が見込めるのなら、手数料がBASEよりも安くなっていきます。

BASEとSTORES決済手段比較

決済手段 BASE STORES
フリー
STORES
スタンダード
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
キャリア決済
Paypal決済
後払い決済
代引き × ×
楽天ペイ ×
Amazon Pay × ×

※2020年8月現在

\手数料が安くて決済手段が豊富/

STORESで開設したい人はこちら

無料ホームページと連携するなら「BASE」

アメーバブログで有名なサイバーエージェント社が提供しているサービス、アメーバオウンド

シンプルでおしゃれなホームページやブログを、無料で作成できるツールです。

デザインのほとんどが画像メインの見せ方になるため、飲食店やファッション、アーティスト、ネットショップなど、写真で見せることのできる業種に向いています。

このアメーバオウンドとBASEは連携することができます。
さかぽん

すでにBASEでネットショップを開設している場合には、アメーバオウンドの管理画面[ショップ開設]→[無料でネットショップを開設]から連携できます。

開設の先の画面で、BASEのメールアドレスとパスワードでログインして、アプリを認証します。

詳しくはこちら
アメーバオウンド(AmebaOwnd)を実際に使ってみての評価

続きを見る

\アメーバオウンドと連携できる/

BASEで開設したい人はこちら

BASEとSTORES、どっちがいいかそれでも悩んだら?

BASEがおすすめの人

  • サイトの成長に合わせて移転も検討
  • 売上の実績がなくお試しの段階
  • 無料ホームページとも連携したい
\無料から成長に合わせていきたい人向け/

BASEで開設したい人はこちら

STORESがおすすめの人

  • 使い続けたい独自ドメインがない
  • 決済手段は多い方がいい
  • 決済手数料をなるべく抑えたい
\売上が見込める人向け/

STORESで開設したい人はこちら

さかぽん
ここまで読んでも決められない...そんな時には、登録は無料なのでどちらも登録してみましょう!

はじめてのネットショップならなおさら、わからないことだらけです。無料で登録できるのだから、まずは試しに登録してみるのがおすすめです。

  • 管理画面はわかりやすいか
  • 必要な機能は揃っているか
  • わからない点を解決しやすいか

実際に触ってみることで、気づくこともでてくるはず。

注意しておきたいのは、STORESはクレジットカード決済の導入に審査が必要という点。有料プランを契約した後に、いちばん利用者の多いクレジット決済が導入できないとなると損してしまいます。

後から”しまった〜”とならないように、事前にチェックしておきましょう。

BASEは決済の導入に審査がない「かんたん決済」。すぐにスタートできます!
さかぽん
詳しくはこちら
【使いやすいと評判】無料カートBASEのメリット・デメリットは?

続きを見る

関連コンテンツ

-お仕事アイテム・ツール

© 2020 はたらくらし-さかぽんブログ Powered by AFFINGER5