お仕事アイテム・ツール

在宅ワーク(テレワーク)で購入した便利グッズ&アイテム

在宅ワークをスタートしたものの、会社で働いていた時のようにオンオフを切り替えて効率的に働けない。

悩みを解決するために私が購入した中でおすすめの便利グッズや、お部屋のリメイクアイテムをご紹介します。

さかぽん
腰が痛い、肩が凝る、片付けたくなる、オンラインで雑多な部屋を晒すはめになるetc。在宅ワークで集中して仕事をするために環境は大事です。

漂う生活感。間仕切り設置でオンオフを切り替え

ワンルームだとベッドがすぐそこ。オフトゥンの誘惑。
さかぽん

在宅ワークを生活スペースで行うと、オンオフの切り替えがしにくいだけでなく、オンライン会議などでベッドや雑多な部屋が映り込むのもよろしくない。

そこでワークスペースと生活スペースの間に、間仕切りを置くことにしました。

調べたパーテーションの数々は安くもないため、ワンルーム向けに選んだ間仕切りのポイントは3つ。

在宅ワーク間仕切りのポイント

  • 狭いスペースでも場所をとらない
  • 突っ張り棒だけで設置できる
  • 収納としても活用できればなおよし!

理想は有孔ボードタイプ。予算は20,000円ほど。オシャレ〜!

好みのものを組み合わせることが可能。

それほど予算がなかったので、壁面収納タイプならお値段は7,000円〜10,000円ほど。

突っ張り式で省スペースに設置できるパーテーション型壁面収納。

部屋を晒すまでに時間がなかったので、ニトリに行ってみたらちょうどいいパーテーションがありました。

半分までしか隠れないので、残りはつっぱりポールを使用して、ファブリックパーテーションで間仕切り。ニトリなら1500円ほど。

ネット通販なら、「ファブリックパーテーション」や「タペストリー 間仕切り」とかで検索すると見つかるはず。

緑の置物やレトロな雰囲気の時計を設置するだけで、オシャレ感が漂う部屋に模様替えできました。

腰が痛い。ローテーブルからワークデスクへ

ローテーブルでずっと座っていると、腰が痛い。そこで、ワークデスクを購入。

幅730×奥行520mmのワークデスクだと、これぐらいの大きさ。

折りたたみ式の足があるものを選んだけれど、これ失敗しました。下に物を置きづらいし、椅子が入っていかない。

狭い部屋で使用するなら、机の下に物を置けるような足の机を選ぶのがおすすめです。

下に物を置けるデザインがおすすめ

お尻が痛い。ワーク用の椅子に変更

机と一緒に購入した椅子、硬くて長時間使用するのに向いていませんでした。

楽天で購入した腰当て付きのチェアは6980円、長時間座っていても疲れにくくなりました。

在宅ワークでは、オシャレさで選ぶより実用性大事。

肩が凝る。ノートパソコンの角度を変えてみた

1日中、ノートパソコンで仕事をしていると肩が凝って仕方がない。

何かいいものないかなと探して見つけた、ノートパソコンスタンド。

ノートパソコンを斜めにするだけで肩こり減るの?と疑いつつ購入してみたところ、まずキーボードが格段に打ちやすい。

使用している時と使用していない時の肩こりの度合いが全然違うので、手放せないアイテムになりました。

さかぽん
Amazonは偽レビュー盛り沢山の質が悪い商品も混じっているので、見分けが難しい場合は楽天での購入がおすすめ。

Web打ち合わせ&おしゃべり用ヘッドセット

Web活用の人が増えてくると、オンラインを利用して打ち合わせだけでなく、おしゃべりをする機会も増えてきました。

マイク付きタイプを探し、ガジェット系の知識に弱く迷ったのが「有線タイプ」か「Bluetoothタイプ」か。

接続方法の違い

  • 【有線タイプ】音質が安定して、バッテリーを気にしなくてOK
  • 【Bluetoothタイプ】ケーブルが邪魔にならないので屋外で使う人におすすめ
在宅ワークで使用するなら有線タイプですね!
さかぽん

私はUSBでつなぐタイプの、2,000円ぐらいのヘッドセット(エレコム)を購入しました。

聞こえてくる外部の音を完全シャットダウンしたいなど、こだわりがなければ問題なく使えています。


さかぽん
在宅ワークの需要でネット通販では高騰していました。実店舗では安く購入できました。

こだわりデザインの電卓でテンションUP

在宅ワークに必要ないと思っていても、意外とふとしたタイミングで必要になる電卓。12桁のものがおすすめ。

電卓はオシャレなものにすると、テンションも上がります。シャープの電卓には、実用性が高くこだわりのデザインが揃っています。

50周年モデルの電卓は、何度も買いなおしているほどお気に入りです。かっこいいデザインもあります。

50周年のご愛顧に感謝しデザイン投票で選ばれたデザインを商品化
さかぽん
他に在宅ワークにおすすめのものがでてきたら追加します!
  • この記事を書いた人

さかぽん

飽きっぽい私は職種バラバラで4回の転職を経験。”自分の力で会社以外の収入を得てみたい”と思い、副業をスタート。副業の収入が増えてきたことをきっかけに勢いでフリーランスになりました。「働き方次第で暮らしが豊かになる」、そんな経験から得た情報をまとめています。

-お仕事アイテム・ツール

Copyright© はたらくらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.