Amazonパソコン・周辺機器の売れ筋ランキング >>

自宅で料理・物を撮影|背景ボードを自作&購入してワンランクUP!

  • URLをコピーしました!

インスタグラムなどのSNS、メルカリ、ブログetc。

お店で撮影したらオシャレに映る料理やモノも、自宅で撮影するとイマイチ…。

そんな時には背景ボードや撮影シートを利用すると、魅せ方がワンランクアップします。

さかぽん
自作する場合に必要なのは「スチレンボード」と「壁紙」の2つだけ

簡単に背景ボードを自作するコツと、購入する場合のおすすめ商品をご紹介します。

インスタ運用者におすすめ本

目次

ホームセンターで買える!撮影用の背景ボードを手作りするおすすめアイテム

私の失敗例もまじえて、撮影用の背景ボードを自作するためにおすすめのアイテムをご紹介します。

撮影用の背景ボードに使用する「壁紙の質」にはこだわろう

まず自作のために必要なのは「壁紙」。

料理や小物をより良く見せるためには、壁紙の質にこだわるのがおすすめです。

100均にも壁紙はあるけれど安っぽく見えてしまいます

これまでにホームセンターなどでもいろいろな壁紙を購入してきたものの、通販の「壁紙屋本舗」さんの壁紙が質が良く、種類も多いので選びやすくておすすめです。

最初は壁紙だけ購入して撮影用に使用していたけれど、湿気でふにゃふにゃに〜
さかぽん

壁紙屋本舗」さんのノリつきの壁紙を選ぶと、裏にノリがついているのでボードに貼るだけ。

メモリもあり、ハサミでチョキチョキできます。

撮影用の背景ボードは大きめのスチレンボードからの作成がおすすめ

最初の頃は、100均で販売しているボードに壁紙を貼り付けて背景ボードを作成していました。

100均には小さいサイズのボードしかありません

リーズナブルに作成できるものの、安くて小さいボードではこんな欠点があります。

100均のボードで背景を自作するデメリット
  • ボードが小さいと引きの写真を撮影しづらい
  • 安価なボードは使っているうちに反る場合がある
下の小さな背景ボードは反っています

撮影用の背景ボードでは、大きめのサイズで作成しておくと、さまざまな角度から撮影できるので便利です。

ホームセンターなどに行けば「スチレンボード」という名前で、大きなサイズのボードが販売されています。

800×1100mmサイズ、5mmの厚さで1000円くらいの価格。

発泡スチロールと同様の素材なので、軽くて、カッターなどで簡単にカットできます。

私は1m×1mの大きさにカットして使用しています
さかぽん

いまでは料理写真などを中心に、撮影になくてはならない必須アイテムに。

撮影アイテムに応じて、サイズや壁紙を自分好みに作れるのもポイントです。

軽くて薄いスチレンボードで背景を自作すると、使用しない時には隙間に置いておけるので、何枚も作りたくなるはず。

手作り背景ボードで撮影した料理写真例

木目の壁紙はナチュラル感を出したい時に。

created by Rinker
¥680 (2023/01/27 16:27:38時点 楽天市場調べ-詳細)

白色の壁紙は品のある感じを出したい時におすすめ。

created by Rinker
¥680 (2023/01/27 16:27:38時点 楽天市場調べ-詳細)

コンクリートの壁紙は高級感をだすのに最適です。

料理写真の背景は壁紙より防水タイプの撮影シートがおすすめ

SNSなどUPする点で自作のボードで十分...だったけれど、お仕事として撮影する機会も増えてきました。

そこで困った点がひとつ。

食べ物を撮影した後、壁紙にこぼれた後の汚れが取れにくい...
さかぽん

特に白色の背景が目立っちゃうんですよね。そこで、本格的な撮影シートの購入を決意。

購入したのは、ピノスタジオの背景シート。

ボード付きだと12,900円(税込)※2022年9月現在※となり悩んだけれど、こんな点が決定打になりました。

  • シワになりにくく、万が一シワがついてもドライヤーをかければシワが消える
  • 元々野外での使用が前提の素材のため、防水で汚れがつきにくい
  • 老舗印刷会社が手がけたリアルな柄で、裏が透けない高い品質の背景素材
created by Rinker
¥6,900 (2023/01/27 11:29:26時点 楽天市場調べ-詳細)

インスタ運用者におすすめ本

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次