Amazonパソコン・周辺機器の売れ筋ランキング >>

Canvaでオシャレな名刺を格安で作成する方法

  • URLをコピーしました!

本業だときちんとした名刺があると印象UPに。でも復業・副業の場合には安くで大量に欲しい場合も。

ノンデザイナーの私が、Canvaを利用して安くで名刺を作成した方法をご紹介します。

目次

STEP1.名刺用のQRコードに!Lit.Linkで“PRリンク”をまとめる

さて名刺を作ろう、と思った時に困ったのがPRのための各種URL。

名刺で解決したかったポイント
  • 名刺でPRしたいSNSやサイトが複数
  • URLを入力して探す人は少ないからスマホで読み込めるQRコードを載せたい
  • たくさんQRコードを載せるのはスマホで読み込みづらいし、デザイン的にも微妙

そこで、リンクをまとめて簡単に1ページで表示できるLit.Link(リットリンク)を使用することに。

汎用的なアイコンは用意されているので、リンクを設定するぐらいで簡単にページが作成できます。

オシャレなPRページをぱぱっと作れちゃう

左上のボタンが編集モードの切り替えなので、作成し終わったらオフにして、アイコンをクリックするとURLとQRコードが表示されます。

残念なことにQRコードのダウンロードはできないようだったので、URLをコピーして、QRコードジェネレーターのUnitagにてQRコードを別途作成しました。

さかぽん
名刺に印刷した情報は簡単に変更できないけど、Lit.Linkのページは不要な情報を削除したり、リアルタイムで変更できるのがメリット!

STEP2.Canvaを利用してデザインテンプレートから作成

Canvaを利用すると、ノンデザイナーでも画像を入れ替えるだけでオシャレな名刺を作成できます。

Canvaは無料で利用できるけれど、初めてなら画像の切り抜きや透過もでき、デザイン豊富な「Canva Pro」を利用するのが便利でおすすめ(30日間無料トライアルを利用)。

ログインしたら、「名刺」で検索するとさまざまなオシャレな名刺デザインテンプレートが表示されます。

私が選んだデザインテンプレートはこちら。

写真やテキストなどを自分のものに差し替えるだけ。

変更するだけでずいぶんイメージが変わります。

背景画像などはCanvaからも探せるけど、無料素材を利用するのも便利。私はACイラストで探した画像+マイアイコンを配置しました。

配置した画像を最背面に移動したりして、テンプレートのイメージどおりになるよう調整します。

STEP3.名刺の印刷をする

いちばん簡単な方法はCancaからそのまま印刷する方法。

少しでも安くしたいなら、印刷会社に依頼をします。

方法1.手軽さ優先ならCanvaから名刺をそのまま印刷

手軽さを優先させるなら、Canvaで作成した名刺デザインをそのまま印刷注文できます。

印刷ボタンを押して、印刷オプションを選んで注文するだけ。紙の種類を選んで、仕上げ方法・部数を選択します。

普通紙を選ぶと50部2,100円(税込)で、数を頼めば頼むほど安くなり、セール価格も適用されました。(2022年8月時点)

方法2.安さ優先なら印刷会社で名刺を印刷

ネット印刷をすると格安で名刺を印刷できます。おすすめは、激安ネット印刷の【ラクスル】

カンブリア宮殿でも特集された、少ない数でも最短で翌日、ネットを通じて格安で印刷を依頼できる会社です。

おすすめの1冊

今まで読んできたビジネス書の中で、「お金を生み出したい」人にとってぶっちぎりに良書!

個人事業主や副業、フリーランスで「稼げていない」人は、お金を受け取れないという事実。

私自身、思い込みや考え違いにいっぱい気づき、ビジネスモデルをあらためて考え直した一冊です。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
トップへ
目次
閉じる