Amazonパソコン・周辺機器の売れ筋ランキング >>

中小企業・個人事業主におすすめ|無料・有料のWordPressテーマ

【PR】当サイトでは広告を含みますが、感じたままを正直にお伝えしています
  • URLをコピーしました!

WordPressテーマを使用してサイトを作成時に困るのが、日本の中小企業・個人事業主のほとんどがオシャレかつ解像度の高い写真素材がないっ!

おしゃれさ重視のテーマを選ぶと、中小企業には合わないデザインになってしまいがち。
さかぽん


そんな場合にぴったりな、日本の中小企業・個人事業主向けにちょうどよい、レスポンシブタイプのビジネス向けWordPressテーマを集めました。

この記事はこんな人におすすめ
  • WordPressのテーマ選びで悩んでいる
  • 中小企業・個人事業主のホームページに使いやすいデザインのWordPressテーマは?
  • 自分でサイトを作りたいけれど難しい設定は…

私はWordPressを使いはじめた頃、知識がなさすぎてWordPressのテーマ選びに苦戦しました。これまで無料・有料含めていろいろなテーマを使ってきて、失敗もたくさんあります。

私の経験の中から、特におすすめするのは「国産のテーマ」

WordPressはセキュリティを保つため、バージョンUPが頻繁にあります。その時にテーマが対応していないと、サイトが真っ白になることも少なくありません

さかぽん
使っている人が少ないテーマほど、困った時の解決のための情報を見つけることが困難で、途方にくれることもあります。

WordPressのテーマは「かっこよさ」だけで選ぶのではなく、なるべく多くの人が使っていて、サポートもしっかりしているテーマを選ぶようにしましょう!

紹介しているテーマの中で、私のイチオシの国産テーマは『SWELL』。

【1回限りの購入】でずっと便利な機能がアップデートされ続け、ブロガーの愛用者が多いため解説記事が豊富で悩みを解決しやすい神テーマです。

>>SWELL紹介箇所<<

目次

無料のおすすめWordPressテーマ

無料テーマは無料の分、WordPressの更新に合わせたアップデートが行われ続けるかどうかが不安要素。

ある程度までデザインできて、よりリッチなデザインにしたい時に有料プラン…という制限つきのものが多いです。

無料テーマはセキュリティ上、WordPressの公式テーマに登録されているものがおすすめ。紹介している無料WordPressテーマは全て公式テーマになります

【WordPress公式テーマ】無料テーマの追加方法
  1. WordPressの左メニュー「外観」をクリック
  2. 新規追加のボタンをクリック
  3. テーマ名で検索して「インストール」

型(テンプレ)があるから簡単デザイン「LIQUID PRESS」

LIQUID PRESSは、簡単にスマホ対応ホームページが構築できる、国産のレスポンシブWordPressテーマです。

WordPress公式テーマ&公式有料サポートテーマに登録されている高品質クオリティ!

コーポレート用・メディア用などある程度の型が決まっている分、デザインにあまり悩まずサイトを作りたい人におすすめです。

有料の企業サイトテーマ「CORPORATE」では、お問い合わせボタンや電話番号がわかりやすい、日本の中小企業に好まれるデザインになっています。

WordPress公式では、無料テーマとして「LIQUID」を配布しています。

シンプル設計からカスタマイズ「Lightning」

シンプルでカスタマイズしやすい設計のWordPressテーマLightningは、WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマ。

国産のWordPressテーマなので、日本語を入力してもデザインに違和感がなく、しっくりくる感じがよいです。無料テーマですが、有料の拡張機能でサイトの機能をランクアップできます。

簡単で豊富な機能「FLASH」


「私たちが提供するテーマの中で最も簡単で柔軟性があり、機能が豊富な無料テーマ」

と紹介されているように、無料版でも十分すぎる機能が揃っています。無料版では、スライダーを5枚まで設定可能。

その他にもビジネスに使えそうな、多彩なデザインのWordPressテーマが揃っているサイトです。

※英語サイトです

先進的なイメージを与えるデザイン「OnePress」

パララックスエフェクトやアニメーションなど、先進的なイメージを与えることができるデザインの無料WordPressテーマ。

トップページに設置できるお問い合わせフォームは、お問い合わせがきやすくなる効果◎。中小企業のビジネス用デザインに最適です。

※英語サイトです

有料のおすすめWordPressテーマを厳選

有料テーマは購入後に”失敗した〜”ということも少なくありません。事前に自社に合うデザインを作成できるかなど、チェックをしっかりしておきましょう。

有料テーマだから必ずしも無料より優れているというわけではありません

有料テーマは購入前にここをチェック!
  • 購入した後のサポートがしっかりしているか
  • 見本のデザインをスマートフォンで閲覧しても違和感がないか
  • WordPressの更新に合わせたアップデートが行われ続けているか
さかぽん
自由度の高いGPLライセンスがあるテーマが一番おすすめ

GPLのテーマは基本的に複数サイトに使用可能です。

有料テーマを選ぶ際の注意点

有料テーマの中には、複数サイトで使用することに対する制限があったり、購入した以外の人がテーマを改変する場合にも“別途費用が発生する”こともあります。

しっかり使用条件を確認しておきましょう。

買い切りでずっとアップデート!ブログを書きやすく機能充実「SWELL」

ビジネスサイト使用のおすすめポイント
  • “こんなの欲しかった”というデザインや設定機能が随時追加(アップデート)される
  • 記事を書く際に読みやすくする「装飾機能」に関する設定も細かくできる
  • ブロガーの愛用者が多いため、検索でも設定方法に関する解説記事が豊富(解決しやすい)
さかぽん
使いやすさの満足感から、私はすべてのサイトをSWELLに変更し、企業サイトを作りたいという人にもおすすめしてます!

ブロガーが利用することの多いテーマ『SWELL』は、統一感をもたせやすいシンプルデザイン設計なので、中小企業サイトでの利用もおすすめ。

設定に悩んだときも検索すればすぐに情報が見つかるし、比較的迷う時間が少なく、サクサクとデザインできます。シンプルなのに高機能」のうたい文句に納得

中小企業や個人事業主のサイト制作の際によくトップページで表示する投稿一覧では、「お知らせ」「ブログ」などのカテゴリに分けた上で、テキスト表示・画像表示などを設定できます。

私が今まで使用してきたテーマではCSSなどで調整が必要だった、公開日・著者名・カテゴリなどの【細かな投稿の表示】も、設定の「オン・オフ」をポチッと切り替えるだけ!

このサイトの、こんな感じのトップページデザインの作り込みも簡単にできてしまいます。

そして何よりも嬉しい機能が、SWELLオリジナルの計測できるボタン。

お問い合わせリンク、資料ダウンロード、電話番号のボタンなどに活用すると、どのぐらいの効果があったのかを確認できます

サイトは作って終わり、じゃありません。効果を計測して、よりユーザーに興味をもってもらえるようなサイト作りが大切です

Googleアナリティクスの設定でも計測可能だけど、「設定とかちんぷんかんぷん…」という人にもぴったりです。

WordPressテーマSWELLの魅力についてはこちらの記事で詳しく語ってます!

Swellでホームページを作る手順・設定例はこちらの記事を参考にどうぞ。

制作者がカスタマイズしやすい「SNOW MONKEY」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: snowmonkey.jpg
ビジネスサイト使用のおすすめポイント
  • シンプルで洗練された高級感あるデザインを作りやすい
  • Web制作者にとってはカスタマイズしやすい設計
  • テーマを使用して第三者のサイトも作ってOKの自由度

ブロックテンプレートを利用して、簡単にプロのようなサイトを作れるテーマ「SNOW MONKEY」。

デザインの自由度が高く、「SNOW MONKEYがあれば十分!」と感動するレベル。シンプルで洗練されたデザインが作りやすいです。

WordPress公式サイトで提供されている無料プラグイン「Snow Monkey Blocks」でも豊富なデザインが提供されています

たとえば雑誌のように、境界線をなくすことで印象的なデザインにする「ブロークングリッド」。高級感のある和なサイトにもぴったり。

Snow Monkey Blocks ブロック一覧

価格表のデザインも用意されています。

Snow Monkey Blocks ブロック一覧

さらにSnow Monkey Editorのプラグインを追加すると、ブログが書きやすくなります。

SNOW MONKEYは、web サイトの大枠の設定や、シェアボタン・OGP などの SEO/SNS の基本的な設定が用意されているWordPressテーマ。

シンプルで高級感あるサイトを作りやすく、Web制作者にとってはカスタマイズしやすい設計になっています。

クライアント(第三者)のサイトを作成する場合、別途ライセンスや利用料が必要ではありません。
ライセンスを取得していない第三者が疑問や質問を行いたい場合は、その人が契約する必要があります。
参考:SNOW MONKEY よくあるご質問 ライセンスについて

有料ですが、試用版があるので”購入したけど失敗した”なんてこともない安心感があっておすすめ。サブスクリプション(継続課金)で、継続したサポートを受けることができます。

サイト内にはサイト制作者に向けて「制作案件の場合、無料テーマと有料テーマどちらを使用するか」で悩んだ時に参考になる記事もあります。


記事装飾の機能も充実!
さかぽん

中小企業・個人事業主がWordPressテーマを選ぶポイント

大手企業だったら、専門の会社に制作を依頼して、後のメンテナンスまで任せることがほとんどだと思います。

中小企業・個人事業主がWordPressテーマを利用して、制作費を抑えるために自分でサイトを制作するのなら、スキルがなくても調整しやすいテーマを利用するのがおすすめです。

私のイチオシの国産テーマは『SWELL』。紹介する条件をクリアしているテーマです。

スマホでも読みやすい・わかりやすいデザイン

いまやスマホから閲覧するユーザーはほとんどのサイトで8割を超えています。

企業としては最初のイメージが大事!でもテーマによってはスマホで見るといまいちというケースも少なくありません。

昔からあるテーマでありがちなのが、PCとスマホ共通の画像しかトップページに設定できず、PCで良い感じに見えたサイトもスマホではインパクトがなくなってしまっているケース。

実際に私が確認したテーマにも多く不満を抱いていました

テーマを選ぶ際には、見本のサイトを必ずPCとスマホ両方で表示を確認してみて、PCとスマホそれぞれに適したトップページ画像を設定できるテーマを探しましょう。

おすすめテーマSWELLでは、画像の上にロゴ画像をのせるというデザインも簡単にすることができます。

詳細はこちらの記事にて

日本語でのデザインがしやすい

見た目のかっこ良さだけでWordPressのテーマを決めると、いざデザインをスタートしたら、「何かかっこ悪い」「しっくりこない」ということが少なくありません。

特に外国のテーマは英語ではかっこよくても、日本語で作ると違和感がでてくるケースが多いです。

さかぽん

私は何度も“いまいちだなぁ…”という経験を繰り返した結果、日本語のテーマを探すようになりました

予算を抑えてWordPressのテーマを利用してサイトを作る場合、細かなデザインを調整するスキルがない人がほとんどだと思います。

デザインにこだわりたい人ほど、日本語でもかっこよく作れるテーマをおすすめします。

メンテナンスがしやすい

WordPressのテーマは1回購入したら終わり、ではありません。

時代とともにWordPressの機能がアップデートされていくため、テーマもWordPressの機能に合わせてアップデートしていく必要があります。

制作者の手によってメンテナンスされないテーマを使い続けると、さまざまな影響があります。

  • セキュリティのリスクがでてくる
  • 管理画面から情報が更新できなくなる
  • 時代に合ったデザインをしにくくなる
ししょー

これらは実際に発生した体験談。修正のためには制作者に再依頼・多額の費用が必要に…制作者に連絡がとれなくなっていることも

さかぽん

私がとあるテーマを利用して作成したサイトの一つは、管理画面が崩れていて更新できない状況…

デザイン費用を抑えようと思って選んだはずの、WordPressテーマ。

WordPressのアップデートに合わせたテーマのアップデートは多大な労力が必要なため、【無料・有料問わず】制作者側がアップデートしない・途中でサポートをやめてしまったというテーマも少なくありません。

中小企業・個人はWordPressで無料PR力を高めよう

「誰でも簡単にサイトが作れるようになった」とはいえ、プラグイン の不具合でサイトが真っ白になったり、いまいち使い方がわからなかったり。

自分で運用するからには”調べて解決する”スキルが必要です。

私のイチオシの国産テーマは『SWELL』は【1回限りの購入】でずっと便利な機能がアップデートされ続け、ブロガーの愛用者が多いため解説記事が豊富で悩みを解決しやすい神テーマです。

いまはPRにSNSも欠かせない存在になってきています。

特にInstagramは“映える写真”だけでなく、ノウハウを発信することで存在PRに活用する中小企業・個人事業主もたくさん。

無料PR力を高めて、活用していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次