お仕事アイテム・ツール

【Freee・やよい・MF】個人事業主・フリーランスの確定申告で選ぶなら?

確定申告のためにクラウドの会計ソフトを探した結果、「Freee(フリー)」「やよいの青色申告オンライン」「マネーフォワード クラウド」の3つに絞った人が多いはず。

で・・・ここからいったいどれがいいのか、調べても調べてもわからない!人によって「これが一番使いやすい」が変わる(汗)
さかぽん

そこで「どんな考えの人がそのオンラインソフトをおすすめしているのか」、口コミを調べまくりました。

結果、私が導きだした結論はこれ。

ちなみに私は『やよいの青色申告』に決めました。理由は使いやすさを重視しつつ、”お金の知識”もしっかり身につけていきたかったからです。

そして何より”初年度は無料”という、開業したばかりの零細個人事業主にとっての嬉しいサービスです。

\1年間無料でお試し/

やよいの青色申告オンライン

確定申告するなら「青色申告がお得」の意味

白色申告にするべきか、青色申告にするべきか・・・。

青色申告はお得だという話が、どうお得なのかよくわからず、ずいぶん悩みました。

今まで会社任せだったから、税金とかちんぷんかんぷん
さかぽん

ざっくり説明すると、サラリーマンだった時には収入(給料)が課税対象額となり、残った分(手取り)から支払いをしていました。

これがフリーランス・個人事業主になると収入から支払い(経費)をして、残った分が課税対象額となるのです。

ししょー
これがサラリーマンとして雇用されて働くよりも、お得な部分!

サラリーマンの場合、会社で課税対象額を代わりに報告してくれていましたが、フリーランス・個人事業主は自分で行う必要があります。

これが確定申告。(サラリーマンでも、税額控除をする人や副業をしている人は確定申告する場合あり)

確定申告する場合の形式は3種類。

  • 【白色申告】簡単な家計簿レベル
  • 【青色申告:簡易】家計簿+αレベル
  • 【青色申告:複式簿記】素人はソフトがないと難しいレベル
さかぽん
これを「300万円の収入があり、50万円の経費がかかった場合」として考えてみます。※正確には違うかもだけど私の脳みそに理解できる解釈です。ご容赦を。

白色申告よりも、青色申告(簡易)は手間がちょっとかかる分、最大で10万円を経費として認めてくれます。

(例)300万円−経費50万円-青色10万円=240万円が課税対象。

青色申告(複式簿記)はさらに手間がかかる分、最大で65万円を経費として認めてくれます。

(例)300万円−経費50万円-青色65万円=185万円が課税対象。
課税対象を少なくする、いわゆる節税対策のために「個人事業主になったら、領収書はなるべくとって経費にしろ」とアドバイスをされるんだ。
ししょー

そして、この課税される金額(課税所得額)に対して、税率が変わってきます。195万円以下なら5%、195万円を超え330万円以下なら10%。

参考:所得税の税率|所得税|国税庁

つまり同じ300万円の収入で50万円の経費であっても、申告の仕方によって所得税額は以下のようになります。

所得税額の比較(ざっくり例)

  • 【白色申告】250万円×10%-97,500円=152,500円
  • 【青色申告(簡易)】240万円×10%-97,500円=142,500円
  • 【青色申告(複式簿記)】185万円×5%=92,500円

結論、フリーランス・個人事業主なら青色申告一択です。そして、難しそうでも複式簿記にチャレンジするのがベスト!

ソフトを使えば、この複式簿記の青色申告書もわりと簡単にできるようです。

さかぽん
開業届を出しに行った税務署でも「まずは複式簿記でやってみて、難しかったら青色(簡易)にすればいいだけ〜」とアドバイスされました。

青色申告?白色申告?参考にした口コミ

知識がなくても大丈夫な簡単さを重視するなら『Freee』

freee』は、全く知識がないという人に”私でも簡単にできた”と大好評。反面、知識がある人にとっては使いづらい部分があるようです。

簿記の知識がないまま進めていきたい、という人にFreeeはおすすめです。

『Freee』の参考になる口コミ

『Freee』の料金(2020年5月1日から)

1ヶ月無料でお試しあり!いちばん安いスタータープランはレポート機能なし。レポート機能はグラフで会計データを見ることができます。
さかぽん
  • スターター:月額1,180円/年額11,760円(980円/月)
  • スタンダード:月額2,380円/年額23,760円(1,980年/月)
  • プレミアム:年額39,800円(3,316円/月)

Freeeのポイント

  • 最大30日間無料で使用できて、請求書も作成できる
  • メール・チャットサポート(電話サポートなし)
  • レポートはスタンダードプラン以上
\簡単さで選ぶなら/

【会計ソフトfreee(フリー)】

画面の見やすさ&コスパ重視なら『やよいの青色申告』

知識をつけながら確定申告の準備を進めていきたいという人におすすめなのが、『やよいの青色申告オンライン』。

サービス紹介ページでは「2人に1人が使っている」と書かれていて、実際に人に聞いても使っているという人が多いです。

SNSでの口コミでは、画面が使いやすいというものが多くありました。1年間無料でお試しできるというのも、安心ですよね。

ちなみに漢字の「弥生」は会社用、ひらがなの「やよい」は個人事業主用のソフト名らしいです。

『やよいの青色申告』の参考になる口コミ

『やよいの青色申告』料金

初年度は無料体験1年で全ての機能が使える!請求書は別サービス。
さかぽん

2020年4月16日(木)までのお申し込みの場合、初年度はセルフプランを無償、または、ベーシックプラン・トータルプラン半額。※途中キャンセル可

  • セルフ:次年度8,000円/年(666円/月)
  • ベーシック:次年度12,000円/年(1,000円/月)
  • トータル:次年度20,000円/年(1,666円/月)

やよいのポイント

  • 請求書は別サービス
  • 操作サポート(電話・メール・チャット)はベーシック以上
  • 全プランでレポート機能あり

請求書作成は、別途で請求書作成サービス「Misoca(みそか)」を契約する必要があります。

月5通までの請求書作成なら無料プランでOK。15通までのプラン15が1年間無料で次年度8,000円/年となっています。

Misocaは5通までなら無料でずっと使えるということもあり、やよいを知る前から利用してました。使いやすくておすすめ。
さかぽん

\1年間無料でお試し/

やよいの青色申告オンライン

連携機能での効率重視で選ぶなら『マネーフォワード クラウド』

知識をつけながら確定申告の準備を進めていきたい、さらに効率化のために連携機能も重視!という人におすすめなのが『マネーフォワード クラウド』。

事前に事業用のクレジットカード作ったし、日常はキャッシュレス。的なリテラシー高めの人に評価が高い印象です。

クラウドワークス、ランサーズ、A8といったサービスとも連携できます。

『マネーフォワード クラウド』参考になる口コミ

『マネーフォワード クラウド』の料金

1ヶ月無料でお試しあり!いちばん安いプランでも、レポート・請求書作成・サポートがあります。
さかぽん
  • パーソナルライト:月額1,280円/年額11,760円(980円/月)
  • パーソナル:月額2,480円/年額23,760円(1,980年/月)
  • パーソナルプラス:年額35,760円(2,980円/月)

Freeeのポイント

  • 請求書も作成できる
  • メール・チャットサポート(電話サポートは上位プラン)
  • 全プランでレポート機能あり
\連携機能重視で選ぶなら/

マネーフォワード確定申告

確定申告に向けて事前の準備を!

初めての確定申告、うまくいかないことも多くあるかと思うので、直前に焦らなくていいように早めの準備をしていきましょう。

開業して不安がたくさんのフリーランスには、安心サポート「フリーナンス」もおすすめです。

入って損なし!フリーランスを守る無料の安心保険『フリーナンス』

フリーランス・個人事業主になった人におすすめしたいサービスが、お金と保険のサービス『【FREENANCE】(フリーナンス )』です。 私がおすすめするポイントは3つ。 フリーナンスおすすめポイント 支 ...

  • この記事を書いた人

さかぽん

飽きっぽい私は職種バラバラで4回の転職を経験。”自分の力で会社以外の収入を得てみたい”と思い、副業をスタート。副業の収入が増えてきたことをきっかけに勢いでフリーランスになりました。「働き方次第で暮らしが豊かになる」、そんな経験から得た情報をまとめています。

-お仕事アイテム・ツール

Copyright© はたらくらし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.